誰でもインプラント治療ができるわけではありません

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。
保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるため失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差が出てきます。また、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも思いの外費用は違ってきます。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないといったことも他の歯科治療と異なります。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるといわれています。数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにじっと耐えてください。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。急患でも診療を受けることが必要です。費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところ長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが多くの意見です。とすれば、普段のメンテナンス次第で長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めると取り返しのつかない事態が起こってしまうということを忘れてはいけません。

インプラント手術の未経験者にとって術中の痛みが怖いと思います。

インプラント埋入手術では、術中、痛くて我慢できないことはまずありません。手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みを感じることもあります。

頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨の中にインプラントが埋まらなければ再度、大がかりな手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。

気になるインプラント手術の内容とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

入れ歯などの方法と比べると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の高レベルの医療技術を置いて語れません。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその都度、費用がかかります。普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医に診てもらうことになります。定期検診にかかるお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいと考えてください。普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を用意しておきましょう。

今流行りのインプラント。

一度埋め込めばその効果は生涯持つと言われることが多いのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命にも影響が出ます。